» 禁煙外来のご案内

禁煙治療のご案内

p_stopsmoling_01

診療時間

smoke_workingtime

新しい禁煙治療のサポートで、禁煙が思っているよりもずいぶんと楽にできるようになりました。
一定の条件を満たせば健康保険が適応になります。今までに禁煙を試みたが失敗してしまった方、禁煙したい気持ちはあるがなかなか始められなかった方、たくさんの方がとみやまクリニックで禁煙を始めています。ご自身と大切な方のために、ぜひ禁煙を成功させて下さい。

保険適応について

禁煙治療を受けるにあたり、以下の4つの条件を満たした場合、保険適応となります。

ニコチン依存症を診断するテスト(TDS)で5点以上 ※右記のテスト参照ください 1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数が200以上 直ちに禁煙を希望していている方 禁煙治療を受けることに文書で同意している

禁煙治療について

12週間を1クールとして行うプログラムです。健康保険を利用した場合、初診料+再診料、お薬代など合わせて1クールで20,000円程度の費用負担となります(保険負担割合や薬剤料変動、診察内容により費用負担が変わることがあります)。

受診期間 治療内容
治療前の問診 禁煙治療のための条件の確認
初回治療 1. 診察
2. 呼気一酸化炭素濃度の測定
3. 禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
4. 禁煙補助薬の処方
2回目(2週間後)
3回目(4週間後)
4回目(8週間後)
卒 煙(12週間後)

(一酸化炭素濃度検査とは)
一酸化炭素はタバコの煙に含まれる有害物質です。専用の機械に息を吐くことで、有害物質濃度の測定が出来ます。禁煙により、一酸化炭素濃度が減少していきますので、毎回の測定結果を比較することで禁煙の効果を明らかにすることが可能です。

TDSテスト

設問内容 はい
1点
いいえ
0点
問1.自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
問2.禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
問3.禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
問4.禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
問5.問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
問6.重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
問7.タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
問8.タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
問9.自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
問10.タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか
合計


禁煙補助薬について

禁煙外来ではみなさまの禁煙をサポートする禁煙補助薬を処方致します。禁煙補助薬を使用することで、禁煙の成功率が高くなります。
飲み薬と貼り薬の選択が可能です。

バレニクリン(チャンピックス錠)

バレニクリン(チャンピックス錠)

チャンピックス錠は内服する禁煙補助薬です。バレニクリンは脳内のニコチン受容体に強い結合親和性があり、タバコによるニコチンの代わりに受容体に結合することで、タバコの離脱症状を軽減します。また、脳内のニコチン受容体にバレニクリンが結合することにより、喫煙をした際に体内に取り込まれるニコチンが受容体に結合することを阻害し、喫煙によって得られる満足感を抑制します。バレニクリンにはタバコをおいしいと感じにくくさせる作用があるので、禁煙が楽になるのです。飲み始めの1週間はタバコを吸いながらチャンピックス錠を内服し、8日目から禁煙を開始します。通常、服用期間は12週間です。

ニコチンパッチ(ニコチネルTTS)

ニコチンパッチ(ニコチネルTTS)

ニコチネルTTSは貼って使用する禁煙補助薬です。
ニコチンパッチは体に貼りつけることで、皮膚からニコチンを吸収させることにより、禁煙時のイライラや集中力低下などのニコチン離脱症状を和らげる禁煙補助薬です。貼り始めた当日から禁煙を開始します。通常、使用期間は8週間です。

成功者の声

禁煙を見事に成功させた患者さんの生の声をお届けいたします。

小山市在住 男性

喫煙歴46年間・1日平均60本以上

もうずいぶん長い間タバコを吸ったし、吸えば体に良くないことは分かっていたので、禁煙外来のポスターを見て、すぐにタバコをやめようと決意できた。
チャンピックス錠の内服で禁煙治療を開始した。
内服開始直後は、少し便が緩くなった気がしたが、しばらくすると落ち着いた。
禁煙開始後も、1日数本は誘惑に負けて喫煙してしまう状態が続いた。
禁煙外来2回目頃からタバコの味が変化して、吸いたい気持ちが弱くなった。タバコがおいしいと感じなくなった。それでも、たまにタバコを吸ってしまうことがあった。
禁煙外来3回目にはタバコの匂いを不快に感じるようになり、自然とタバコを吸わなくても済むようになった。それからは、全くタバコを吸っていない。
タバコを吸いたい気持ちは起きたが、吸わずにいると看護師さんが一緒に喜んでくれるので、禁煙を続ける励みになった。
吸いたい気持ちを紛らわせたり、体重を増やしにくくする方法なども教えてくれるので、禁煙を考えている人は、きちんと禁煙外来を利用すると良いと思う。
直前まで1日60本吸っていたが、思ったより楽に禁煙できた。
これからもタバコを吸わずにいられるように、自分を律する気持ちも持ち続けたい。

小山市在住 K.Nさん 38歳 男性

喫煙歴18年間・1日平均20本以上

子供が出来て過去に何度も禁煙を試みたがうまくいかなかった。最近は仕事中に肺が痛む感じがするなど、本気で禁煙をしようと思い、禁煙外来を受診した。以前に禁煙を試みた際には、1日目 2日目の吸いたい気持ちが抑えられずに失敗した。タバコを持たずに仕事に行っても、途中でコンビニを探し、タバコを購入しないと気が済まない状況であった。今回は、チャンピックス錠(0.5mg)を禁煙1週間前から飲み始め、通常通りタバコを吸いながら禁煙の準備をした。本当に禁煙ができるようになるのか不安であり信じられない気持ちはあったが、禁煙開始後も以前のように1日目 2日目に襲ってくる強い喫煙欲求は感じなかった。その後は、チャンピックス錠を内服しながら、順調に禁煙が継続できた。自分の場合は、チャンピックス錠の副作用は一切出なかった。現在も仕事中にタバコを吸っている人を見ると一瞬、「吸いたいな」と思うことはあるが、実際に吸ってしまうことはない。以前あったように絶対にタバコを吸わないと気が済まないという強い衝動はない。今の正直な気持ちは、「こんなにスムーズにいくなら、もっと早く禁煙外来を受診すればよかった。」と感じている。タバコを吸っている頃は、子供に頼まれて風船をふくらませるのが一苦労であったが、現在は楽に一気に膨らませることができる。仕事中に肺が痛い感じもしなくなった。禁煙するかどうかで迷っている人には、是非このチャンピックス内服での禁煙治療をお勧めしたい。

とみやまクリニックではみなさまの禁煙を応援致します。お気軽にご相談下さい。